クラミジアに効く薬は様々ありますが、クラビットもオススメできる治療薬の一つです。今回はクラビットの正しい使い方を紹介します。

心配している男性

クラビットの使うタイミング

困っている男性

クラビットは、医薬品のなかでも、いわゆる抗菌剤という種類のものであって、細菌による感染症の治療のために用いられています。
このクラビッの適応菌種は幅広く、さまざまな病気に対して処方されています。
具体例を挙げるとすれば、深在性または表皮性の皮膚感染症、ふつうの肺炎やマイコプラズマ肺炎、急性気管支炎、咽頭炎、扁桃炎、中耳炎、尿道炎や子宮頚管炎などといったものがあります。
このクラビットには、錠剤タイプと顆粒タイプがあり、いずれも口から服用するものですが、服用すると有効成分が血中に拡散するため、その濃度が一定の高さにまで達していれば、細菌の殺菌をするはたらきが期待されます。
そこで、クラビットを服用すタイミングとしては、こうした感染症にかかった場合に、500ミリグラム相当を1日に1回だけというかたちになります。

有効成分の量としては多めですが、いわば一気に細菌を叩いて治療をするというかたちになります。
そのため、クラビットの錠剤は、1錠だけ飲めばよい500ミリグラムのものがポピュラーになっています。
なお、以前に製造されていたクラビットの錠剤は、1錠が100ミリグラム相当のものであり、これを1日に3回程度にわけて服用するという方法が一般的でした。
しかし、このような方法の場合には、血中で有効成分の濃度が十分に高まらない間に、細菌が薬剤に対する耐性を獲得してしまうという、いわゆる耐性菌の問題が生じるおそれが出てきました。
そのため現在のように成分量の多いタイプの錠剤を一度に飲むという方法に改められたのです。
そのほか、具体的な病名によっては、一般的な服用のタイミングや量とは異なる場合がありますので、基本的には医師の指示にしたがうべきです。

人気記事一覧
サイト内検索